『TOKYO働き方改革宣言』を行いました

社員一人一人が能力を発揮し、イキイキと働ける職場作りを進める──これが東京都が提唱し、東京都産業労働局が行なっている『TOKYO働き方改革宣言企業』です。従業員の長時間労働の削減や、年次有給休暇の取得促進を目的に、2〜3年後の目標と、それに対する取り組み内容を定めた上で「TOKYO働き方改革宣言」を行い、全社的に取り組む企業であるという事を発信する『TOKYO働き方改革宣言企業』…株式会社エーオーエーアオバも、働き方改革宣言を致しましたので、この場をお借りして宣言内容をお伝え致します。

AOVAの働き方改革宣言

宣言

従業員のライフワークバランスの推進を目指して、働き方・休み方の改革に全社で取り組みます。

目標

《働き方の改善》

時間外労働一人当たり月15時間以下とする

《休み方の改善》

全社員が積極的に休暇を取得できるような職場づくりを目指し、年次有給休暇の取得率50%を目指していく

取り組み内容

《働き方の改善》

  • すでに導入済みの残業の事前申請制度を厳格に運用する
  • 各自の業務量を見直し、仕事の割り振りを再考する
  • ノー残業デーを設置し、強制消灯を行う
  • フレックスタイム制度を導入する
  • 短時間勤務制度を導入する

《休み方の改善》

  • 各部署での有給休暇取得の数値目標を明確にする
  • 管理職による声がけなどを行なっていく
  • 新しい休暇制度を導入し休みやすい環境を整備する
  • 誕生日休暇制度を導入する
  • リフレッシュ休暇制度を導入する
  • 学校行事参加休暇制度を導入する

今後は上記の宣言内容を軸とし、社員が働きやすい環境を整備し、より一層個々の能力を発揮しやすくなるように努めてまいります。AOVAが全社的に職場環境の改善に取り組む事は、AOVAの商品力の更なる向上やサービスの質の向上に繋がっていくものと信じております。日頃からAOVAの商品をご愛用いただいているお客様のためにも、社員の働き方を改革し、より良い企業へと進化して参ります。