お客様からのお手紙のご紹介

アオバよもやま話とは?
お客様がアオバの製品やイベントなどを通して体験された様々な出来事についての体験談、また、いただいたお手紙などをご紹介するコーナーです。

 

第1回アオバよもやま話は、お客様からいただいたお手紙から一部抜粋してご紹介させていただきます。

T.Hさん:<芸術家として上を目指し奮闘中夫婦二人暮らしで、揃ってAOVA SODを愛用>
AOVA SODの箱のデザインが好きで、箱を台所で活用。
ワゴン車の中段には野菜を種別に入れ、調理時には必要な材料を取り出し上段に。下段は料理の本と買い物バッグを置いている。
一人でニンマリ!満足!!

O.Mさん:<大きな洋裁部屋を持ち、多くの人の服をアイデア満載で楽しんで作成 自他ともに直感(直観)力を認めている方>
AOVA SODはいいものが醸し出す香があるから、これからも娘達とAOVA SODを愛用!

O.Yさん:<人の面倒見が良く、地域でのお手伝い多い家族は四人と猫一匹 猫とコミュニケーションが取れる 夫婦でアオバを愛用>
AOVA magazineファン。magazineは素晴らしく誰にでもあげたくなる。
カメラマンに会いたい!ファンレターを出してもいいかな・・・

K.Aさん:<旦那様と二人暮らし>
18金ネックレスに鳥の模様のペンダントを長年使用しているが、鳥の裏側の汚れがひどく、汚れを取るために色々試したが、変わらず。
ダメ元で三枚のエノレコン上に二ヶ月置いたら、汚れが完全になくなり表側と同じ輝いた。
不思議!?感激!!
大きめのバッグにピポンハンカチーフを結んでおくと、私がバッグから離れていても、ピポンちゃんは留守護衛の役割を果たしている。そんな力があるみたい・・・

 


Web担当者からのひとこと

お手紙をお送りいただき、誠にありがとうございます。
AOVA SODのみならず、パッケージもご活用いただき嬉しい限りです。
AOVA SODのパッケージは、足立幸子さんと吉野美佐さんのコラボアート。
アートとしても素晴らしく、またFALFとしても日々の生活のサポートをしてくれます。

AOVA magazineを創刊してから、多くのお客様より『読み易い、誰かに見せたい、渡したい』とご好評いただいております。
お客様からのファンレターにつきましては、責任を持って、編集担当&カメラマンの山本へ渡しておきます。
今後、こちらのコーナーでは、お客様の様々な体験談をお伝えして参ります。
アオバ製品でこんな体験をした、イベントに参加してこんな事を思ったなどございましたら、エーオーエーアオバまでお気軽にお寄せください。

Eメールであればこちら↓↓
info@aoaaova.jp

FAXであればこちらの番号へ↓↓
0120-141-407

お手紙であればこちらにご郵送ください↓↓
〒112-0015
東京都文京区目白台3-4-11 GFビル2F
株式会社エーオーエーアオバ
「アオバよもやま話コーナー」宛

※それぞれタイトルに「アオバよもやま話コーナー」と明記下さい。